1. TOP
  2. 注文住宅で建てる
  3. ハタノ木材の設計とは?

ご家族が過ごしやすく、心地よい。
そんなプランをお客様といっしょにつくります。

あなたは住宅に何を求めますか?広い家がいいという人、日当たりこそが住まいの全てだと感じる人、静かな環境を快適だと考える人、買い物に便利な環境を価値が高いと考える人。ご家族の暮らしの形はご家族の数だけあるようにひとりひとり、住宅に求める価値や快適の基準は違います。世界でたった一つの暮らしを手に入れるための注文建築を、ご家族みなさまが過ごしやすく、心地よい空間にするために。ハタノ木材の注文住宅はお客様の暮らしに密着した設計で、お客様にとっていちばんいい形の住宅をご提供します。

暮らしにぴったりフィットする
住宅設計の形。

まずは新居に暮らしているシーンを想像してみてください。
ぼんやりとかもしれませんが、そこにはあなたが理想とする住まいの輪郭が見え隠れしているはずです。
ハタノ木材のプランナーは、そんなお客様の頭の中にしか存在しない住まいの設計図でヒアリングしながら引出し、確かな設計力を持った選りすぐりの設計士に具体的な形に表してもらうという「お客様と設計士との橋渡し」のような役割を担います。
「人にやさしい住まい」をコンセプトとするハタノ木材では、この「ヒアリングとご提案」というサイクルを繰り返し行うことを大切にし、快適な暮らしのために必要なことや大事になさっている価値観などを見極め、間取りプランやデザイン、外観、室内コーディネートなどに落とし込んでいます。ご家族の形にちょうどよくフィットするハタノ木材のプランはこのようなプロセスを経て形になっていくのです。

>施工実績を写真で見る プランニング参考例

◎快適のことを考えた動線

動線とは、室内で人の移動する流れのことを指します。たとえば朝の忙しい時間帯に、家族がぶつからずに身支度できたり、奥様が食事の準備をしながらすぐに洗面所に移動できたり。お客様のご要望をできるだけプランに取り入れながら、物の位置や人の動くライン(動線)がどのようになるか考えながらご提案をしています。

◎バランスの良い空間設計

決められた建物面積をどう区切って空間をつくり出していくのか。どこかを広くすればどこかが狭くなる、空間設計に求められるのはその相対的なバランス感覚です。お客様からのヒアリングから導き出したライフスタイルを基に、暮らしが最も心地よいと感じる空間設計をご提案しています。

◎ディティールへの豊富な知識

たとえば和室を一段上げてそこに収納を設けたり、梁を見せて空間のアクセントとして取り入れたり。建物のディティールやデザインにとことんこだわれるのもまた注文建築ならではの醍醐味ですが、それを実際にプランに落とし込み、形にすることができるのは、50年という長い時間、住宅建築と向き合って来たノウハウがあるハタノ木材だからこその強みです。是非お打合せの中でお客様のお好みのイメージをお伝えください。

マウスを乗せてポイントをチェック!!

天井表(あらわ)し仕上げ

主寝室のこだわりからも分かるように、自然素材を用いたインテリアがお好みの施主様。そんな施主様に、木材の素材と構造体をデザインとして取り入れる「天井表し仕上げ」をご提案しました。建物全体が木材の香りとナチュラルな雰囲気にまとまり、ご満足いただくことができました。

スタッフブログ ハタノ通信
ハタノ木材のコンセプトブックプレゼントいたします!!
メールでのお問い合わせはコチラ
ページトップへ